iPhoneが熱い!真っ先にやるべきこと!

iPhoneが熱くなる原因とは

iPhoneを長時間使用していると、本体が熱を持ってしまうことがよくあります。ゲームや動画に熱中していてふとiPhoneを触るとその熱さに驚いてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。iPhoneが熱くなる原因はいろいろあり、直射日光や室内の温度などの外的要因と、CPUに負荷がかかりすぎて発熱したり、バッテリーが原因で発熱したりという内的要因があります。iPhoneの発熱自体は珍しいことではないですが、その原因によっては放置しておくと故障を招く恐れもあるため、適切な対応が必要になってきます。原因を特定し、適切な対応やその予防によって発熱を未然に防ぐことが、故障のリスクを減らして大切なiPhoneを長く使い続けるためにも重要なことです。

発熱した際に真っ先にやるべき事は?

iPhoneが発熱した際に、その原因がCPUの負荷やバッテリーにある場合は、使用を続けると故障の原因にもなりかねません。フリーズなどの不具合が出ていなくても一旦使用を中断し、必要な場合は電源を切ってしばらく様子をみるようにしましょう。夏場の車中など高温になる場所に置いていたことが原因でiPhoneが熱くなっている場合は、涼しい場所に移動してしばらく様子をみましょう。
熱が引いたら再度使用してみて、問題がなければCPUの負荷による可能性も多いので、バックグラウンドで動作しているアプリの数を減らしたり、移動の際にはWi-Fiの自動接続をオフにするなど、負荷のかからないような使い方を心がけましょう。原因がバッテリーにあると考えられる場合は自分でできる対応には限りがあるので修理に出すことをおすすめします。