画面が割れた!意外と簡単に直せます!

費用を比較検討してみよう

普段から何気なく使っているiPhoneですが、ふいに地面に落としてしまって画面が割れてしまうことがあります。人のiPhoneを覗いてみたときに、画面にひびが入っているのを見たことがある人は多いでしょう。ちょっとしたひび割れであれば、そのままの状態で使っている人はとても多いです。しかし、そのままの状態にしておけば、見栄えは当然よくありませんし、さらなる故障の原因にも繋がっていきます。ですから、ひび割れした場合には、直すことをおすすめします。正規店と非正規店では修理にかかる費用と時間が大きく異なります。非正規店の方が安く済みますが、それでも万単位の費用はかかります。どこのお店に修理してもらうのが最も安くなるか、確認した上で依頼します。

応急処置ならかなり安価です

iPhoneを落としてひび割れが発生した状態なら、ひとまず応急処置を行っておくのも一つの方法です。いわゆるiPhoneの絆創膏といった感じのもので、これを貼ることによりひび割れが目立たなくなります。応急処置フィルムを購入して一時的に凌いだうえで、どこかのタイミングでiPhoneの買い替えを行いましょう。これならば、応急処置フィルムを自分で購入してきて貼り付けるだけですから、誰にでもできる簡単な作業で終了します。費用も1500円程度で購入可能になっています。また、最近は色々な修理方法がインターネット上に動画で紹介されています。可能な範囲内で自分で修理にチャレンジしてみるのも良いでしょう。ただし、あまり強引に行うとiPhoneそのものが使えなくなることがあるので注意しましょう。

iphone6sの修理をする場合、正規店では保証の有無で金額が異なることや日数がかかること、修理業者では安価な分、交換部品の品質が劣る場合があるなど、それぞれのメリット・デメリットを理解してから依頼しましょう。