画面がフリーズ!こんな時に覚えておきたい対処法

とにかく強制終了する

画面がフリーズしてしまった時に最も有効な対処法は、とにかく強制終了するというものです。強制終了するということは、起動中のアプリを閉じることなくそのまま電源を落とし、少し時間を置いてから再び起動させるということです。原因のよくわからない動作異常の場合は、大抵電源を落とすことによって解決することがほとんどですので、画面がフリーズしてしまったらすぐに強制終了するようにしましょう。強制終了の方法についてですが、一般的な電源を落とす方法と同じです。電源ボタンを2秒間から3秒間の間長押しすればどのような場合でも電源を落とすことができます。そして電源が落ちたら、しばらく時間を置いてから再び電源ボタンを2秒間から3秒間の間長押しして再起動させてください。

バッテリーを交換する

強制終了させても動作異常が直らないという場合には、バッテリーに何らかの異常がある場合があります。携帯を使用しているうちにバッテリーが摩耗してしまうのは避けることのできないことですが、充電中に携帯を操作しすぎてしまうことなどによって購入してからあまり時間が経っていないのにバッテリーが不具合を起こし、そのことによって動作異常を引き起こされてしまう場合があります。そのような場合にはバッテリーを交換しなければなりません。バッテリー交換は携帯会社が補償してくれている期間内であれば無料で行ってくれます。補償期間外であれば有償で行うことになりますが、携帯本体を買い換えるよりは安く済むので心配することはありません。

何らかの不具合によりiphoneが起動しない状態になってしまった場合、修復のためには本体のデータを失うことになりかねません。そんな事態に備えて、iCloud等でバックアップしておくことが出来ます。