知っておいて損はなし?iPhoneを分解する時のコツ

もしもiPhoneの不具合に気づいたら

日常的にiPhoneを使っているうちに、画面が暗くなったり、通信速度が遅くなったりして、不具合が見つかるケースはよくあります。もしも自分でiPhoneの修理をしたいと思っているならば、あらかじめ役に立つ情報を集めておきましょう。まずは、iPhoneを分解する場合に必要な道具をそろえることが大切です。ドライバーは、プラス型と星型の両方を用意しましょう。先端が細いドライバーならば、使いやすくて便利です。さらに、細かい部品をつまむピンセット、画面を開く時に使う吸盤が必要です。小さいネジや部品を紛失しないように、パレットやトレイなどを準備しておけば重宝します。iPhoneのネジや部品はとても小さいために、細心の注意を払いながら分解することが大事です。

iPhoneを修理する時に注意したいこと

自分でiPhoneの修理を行う時に、最も注意したいこととして、画面を開く作業が挙げられています。部品を傷つけないように画面を開くために、サイズが小さいテコを用意しておきましょう。ドライバーでネジを外した後に、テコを画面の隙間に差し込むことがコツです。画面を持ち上げる場合には、吸盤を使いましょう。画面に吸盤をつけて、そっと持ち上げれば開きます。尚、iPhoneを分解する時は、電源がオフになっていることを必ず確認しましょう。電源が入ったままだと、静電気が発生して内部の基板に影響をもたらす恐れがあります。感電事故の予防にもなります。また、バックアップを保存しておけば、データが消えてしまった場合に備えることができますから安心です。

iphoneの充電ができないと故障を疑いますが、端末が誤作動を起こしている可能性もあります。端末の再起動や充電ケーブルの交換などで正常に充電が出来ることがある他、端子の汚れを除去するのも効果的な方法です。